超音波噴霧器

超音波噴霧器 HM-101(生産終了)

本製品の生産は終了しておりますが、修理対応は引き続き行なっております。

製品のご修理をご希望の方は、お買い上げいただきました販売店様にご一報いただき、修理のご依頼をお願いいたします。

お手入れ方法

■液体タンク・吹出口(給水時に)
・液体タンク内に残っている液体を排出後、少量の水を入れ、タンクキャップを閉めて振り洗いをし、排水する。(2~3回繰り返す)
・吹出口の汚れを水洗いした後、柔らかい布でふき取る。
※液体タンクに衝撃を加えると、破損して液体漏れの原因になります。液体タンクのお取り扱いには十分に注意して下さい。

■霧化部・水槽部・フロートなど(1週間に1~2回以上)
・〔霧化部(振動子)〕振動子の表面に付着した汚れを柔らかい布でふき取る。
・〔水槽部〕水槽の内側に付着した汚れを水を浸した柔らかい布でふき取る。
・〔フロート〕フロートの周りにゴミなどが入っていないか確認し、ある時は取り除いた上、柔らかい布で汚れをふき取る。
※振動子の表面を金属(ブラシ・ヘラ)、研磨剤入りのタワシやミガキ粉などで絶対にこすらないでください。変形したり傷がつくと、霧の発生が弱くなったり故障の原因になります。

■吸気口(1ヶ月に2回以上)
・本体底面の吸気口に掃除機のノズルをあててホコリを吸い取る。
※ホコリがたまると風量が落ちたり誤動作や故障の原因になりますので、こまめに掃除をしてください。

■本体外側
・水を浸した柔らかい布で汚れをふき取る。
※本体の丸洗いはしないでください。感電や故障の原因になります。
※シンナー・ベンジン・ベンゾール・ミガキ粉・タワシなどを使用しないでください。変質・変色の原因になります。

よくあるご質問

【Q1.運転モードランプが点滅します。故障ですか?】
A.故障ではありません。

2010年モデルより、『運転モードランプ』の仕様を変更させていただいております。
運転モード設定時の「3分/6分/9分」の休止中で霧が出ていないのか、故障で霧が出て
いないのかがわかりにくかったので、設定中の様子がわかるように改良しました。

■運転モードランプ
 【点滅中】 ⇒噴霧中
 【点灯中】 ⇒休止中(3分/6分/9分)
 【点灯なし】⇒連続運転中
※初期状態はランプ点灯なしの「連続運転」です。
※詳細は製品カタログをご覧ください。


【Q2.電源を入れても霧が出ないのですが】
A.運転モードランプが点灯していませんか?
インターバル運転の「停止」状態です。一定時間後、霧が出ます。しばらくお待ちいただくか、運転モードを切り替えてください。(運転中はランプが点滅します。)

A.霧化量調節ボリュームが「小」になっていませんか?
霧化量「小」付近は霧が出なかったり霧が見えにくい場合がありますが、故障ではありません。霧が目視できる範囲で使用してください。

A.給水ランプが点滅していませんか?
液体タンクに液体を補充し、本体にセットしてください。

A.本体内部で霧は発生していますか?
本体上部の吹出口をはずして内部を覗いてみてください。

●本体水槽部に霧がたまっている場合
→本体水槽部の水位が高くなって風の出口がふさがっている状態です。
このような時は一度本体水槽部の液体をすべて排出してから再度タンクをセットしてください。


【Q3.使用開始時に霧の発生が弱いのですが】
A.送風ファンが通常回転していない場合があります。
HM-101に搭載している霧を放出するための送風ファンモーターは『自動調軸』という機能を持ったもので、モーターの軸の芯位置が狂っていても回転しながら正常状態まで自動で調整する機能です。軸の芯が狂う原因は、輸送時や移動の際の振動や衝撃です。
特に冬場は軸受け内の油が冷えて若干硬くなっているため、調軸に時間がかかるために霧が出るまで時間がかかることがあります。(故障ではありません。)

5~10分連続運転をしていただくことで徐々に霧が出てきて、最終的には正常状態になります。特に軸がずれている場合や低温の場合、外から持ち込んで機器が冷えている場合はもっと時間がかかる場合があります。10分程度の連続運転を2~3回程度繰り返してください。
なお、モーターには『インピーダンスプロテクト』という保護機能がありますので、モーターが低回転もしくはロックしていても異常加熱や火災の恐れはありません。 

上記をご確認いただき、それでも症状が改善しない場合は機器の故障が考えられます。「製品保証書」をよくお読みの上、弊社までご連絡ください。


【Q4.水道水や他の液体(薬品)を入れて噴霧していいですか?】
A.絶対におやめください。
水道水や井戸水、市販の水などで使用した場合、レジオネラ菌などの雑菌を噴霧する可能性があります。場合によっては死亡する可能性があり安すので絶対におやめください。
また、本機は指定の液体専用です。指定以外の液体を供給すると、液体によっては機器が壊れる、または人体、動物、植物、品物等に悪影響を及ぼす場合があります。最悪の場合もありますので、絶対におやめください。


【Q5.タンクの液体がなくなったら空焚きになってしまいますか?】
A.『液切れ空焚き防止機能』付きなので、空焚きの心配はありません。
液体タンク内の液体がなくなったときは、給水ランプが点滅し、自動で噴霧を停止します。
液体を補充し、タンクをセットすると噴霧を再開します。


【Q6.アロマオイルを入れて使用できますか?】
A.機器自体に影響はありません。
1~2滴程度入れてお使いいただけますが、液体の効果が低下する恐れがあります。
お使いいただく液体により差がありますので、詳しくはお使いの液体メーカーにお問い合わせください。

※アロマオイルをお使いいただく場合、機器が汚れやすくなりますので、こまめにお手入れをしてください。


【Q7.水漏れがするのですが】
A.本体を傾けたり、倒したりしていませんか?

A.液体が入ったまま本体を移動していませんか?

A.タンクキャップにパッキン(リング状:直径約8.5cm)は付いていますか?
(2006~2007年:黒色/~2009年:白色/2010年以降:緑色)
※白色パッキンは装着していても見えづらい場合があります。
(先の細いもので突いて弾力があれば装着されています。)

A.タンクキャップはしっかり閉まっていますか? 
閉まりがゆる過ぎると液体過供給の原因になります。 

A.タンクと本体の間より水漏れの場合はタンクに原因があります。

上記をご確認いただき、それでも改善しない場合は、お問い合わせください。


FAX注文用紙ダウンロード

ほかの超音波噴霧器