ミストスクリーン

超音波霧化で空間に霧のスクリーンを作り出すミストスクリーン。
映像を投影することで空中に透けて見える映像が出現。ユニークでクリエイティブな演出を実現します。

星光技研のミストスクリーンの特徴

すべての人を魅了する新しいカタチの映像スクリーン登場!!
空間に映像を投影。いままでに見たことのない感動の映像を。

ミストスクリーンの仕組み

ミストスクリーンの仕組み

超音波で発生させたミストを両側から空気で挟み込むように送風することで、安定したスクリーンを形成しています。
またミストによる透明なスクリーンであることから、両面から映像を見ることができます。

【「背面投影」可能なプロジェクターをご使用ください】
※通常のプロジェクターの使い方である「正面投影」では霧に映像を表示させることはできませんので、『背面投影』が可能なプロジェクターが必要です。

注:プロジェクターからの映像は霧を透過しますので、天井が低い場合や壁が近い場合は、天井や壁に映像がうつってしまう可能性があります。そのような場合はオプションの光吸収剤を用いて映像移りを軽減させてください。

スクリーンはミストなので触っても大丈夫

スクリーンはミストでできているので万が一触ったり、ぶつかったりしても安全です。
公共の場所でのディスプレイなど、人通りの多い場所でも安心してお使いいただけます。
また、舞台やライブでは、スクリーンを飛び越えるなどの演出をするなど、物理的なスクリーンでは出来ないような演出が可能です。

必要なタイミングでスクリーンを作り出せる

通常、透過スクリーンは映像を映していないときもその場に物理的に存在してしまいます。
ミストスクリーンは映像を投影したいときだけ、ミストを発生させてスクリーンを出現させることができます。
店舗ディスプレイでは時間設定をして映像を投影させたり、舞台やライブでは透過スクリーンの物理的な制約を受けない演出が可能になります。

ミストスクリーンのご注意事項

商品ご理解のためにご一読ください。

ミストスクリーンのご注意事項

  • 本ミストスクリーンは水または次亜塩素酸水のみご使用になれます。それ以外の液体を使用された場合の損害に関しては当社ではその責任を負いません。また、古い液体を使用すると有害なバクテリアなどを拡散してしまう可能性があります。特にレジオネラ菌に関しては十分な対策が必要です。
  • 屋外でご使用の場合は風の影響を受けやすく、揺らぎが発生する場合があります。
  • ご使用空間の容積や条件によっては結露する場合があります。
  • ほこり、油煙の多い場所に設置しないで下さい。火災・故障・感電などの原因となることがあります。
  • 本ページの各数値は参考数値です。お使いになられる環境によって数値が大幅に増減する可能性があります。
  • 特殊用途に使用予定の場合はあらかじめお問い合わせください。
  • 製品改良のために仕様の一部を予告なく変更することがあります。

次亜塩素酸水をお使いになるお客様へ

  • 次亜塩素酸水は必ず残留塩素濃度80ppm以下でご使用ください。これ以上の濃度や原液の噴霧は機器の故障につながります。
  • 次亜塩素酸水は「次亜塩素酸ナトリウム」を水で薄めたものではありません。次亜塩素酸ナトリウム(希釈し たものを含む)は絶対に使用しないでください。機器の故障や人体に影響がでる可能性があります。
  • 次亜塩素酸水を水道水にて希釈する場合、お住まいの地域によっては、長時間使用していると室内に白い粉(水道水中の不純物)が付着する場合があります。クリーンルーム等、このような現象が不適当となる場合は、フィルターやRO水生成器等を通し霧化していただく必要があります。また、水道水にカルシウムが多く含まれている地域でご使用の場合、白い粉吹現象が顕著に見られる場合があります。