超音波加湿ユニット NB59S-DPS/AC48V(簡易防湿加工済)

  • 特徴
  • 使い方
  • よくある質問
  • 超音波加湿ユニット NB59S-DPS/AC48V(簡易防湿加工済)

    簡易的な防湿加工を施した超音波加湿ユニットです。

    簡易防湿加工を施した超音波加湿ユニットです。自作機にも組込み可能なので、実験施設や工場等の加湿にもお使いください。
    圧電振動子の水柱傾斜方向は、標準仕様の手前7°傾斜タイプです
    ※ リード線引き出し部分は防水構造ではありませんので投げ込みでの使用はできません。

    星光技研オリジナルオプション1

    霧化量調節コネクタ付き NB59S-DPSC/AC48V
    JST B3B-XH-A(LF)(SN)ベース付ポスト搭載
    ※メス側コネクタ(ハウジング)は付属しません。メス側コネクタを接続しないと霧化しません。(別売)

    星光技研オリジナルオプション2

    別売ハーネス XHP-ASSY1-300
    ハウジングJST XHP-3/コンタクトBXH-001T-P0.6×2pcs./リード線300mm
    ※VR 5kΩを接続してください。

    TDK超音波ユニット用別売コネクターアッセンブリー.png

    超音波加湿ユニット早見表

    1セットから直接販売いたしますが、10セット以上・20セット以上等大量に必要な方のために、大特価のお買得プライスで販売いたします。お気軽にお問い合わせください。

    NBシリーズ早見表_20170725.jpg
  • リード線延長時

    リード線を延長する場合は全長20cm以内とし、ツイストしてご使用ください。
    ※リード線が長すぎたりツイストなしでご使用の場合、霧化しないことがありますのでご注意ください。

    【ご注意】
    リード線延長を推奨しているものではありません。改造になりますので、製品の保証やサポートは受けられませんので、お客様の責任において改造を行なってください。

    TU-20A_entyouのコピー.jpg

    ■空焚き禁止
    空だき(水のない状態)運転には非常に弱いので、空だき防止装置(フロートなど)を十分にご検討の上、確実に動作するようにしてください。空だきをすると2~3秒で振動子が破壊され、駆動基板も故障してしまいます。

    ■突入電流
    最大6Aの突入電流が流れます。それを考慮していただき、余裕を持った電源の確保をお願いします。

    振動子取付例

    A寸法は深さが浅いと振動子割れを起こす可能性があります。(約2mm)
    TDK社の推奨はA寸法2.0mm締め付けトルク0.6N・mとなります。

    shindousshi_danmenzu.png


    NB59Sタイプ 取り付け方(投込み不可)

    トランジスタの放熱方法の例付属のアルミ放熱板は、十分な放熱ができる金属水槽などにシリコンラバーなどを介して固定し使用します。

    ※水槽はプラスチック製を推奨しておりますが、やむを得ず金属製で構成される場合は、電源ラインより絶縁してご使用願います。)
    ※防水構造ではありませんので投げ込みでの使用はできません。

    NB59S-type_toritsuke.png
  • 超音波加湿ユニット全般のよくあるご質問

    Q製品を購入したいのですが...

    本サイト内の各製品案内ページにFAX注文用紙がございます。

    大量のご注文やお見積もりなどについて弊社までお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら

FAX注文用紙ダウンロード